ひょうご防災リーダー講座

ホーム ひょうご防災リーダー講座

「令和4年度 ひょうご防災リーダー養成講座 第1期」受講者募集につきまして、定員に達しましたので、募集を締め切らせて頂きました。昨年度よりも早く募集人員に達してしまいました。
誠に多くの方から御応募頂きましたことに感謝申し上げます。
今後とも当センターで実施する事業につきまして、ご協力いただけると幸いです。
本当にありがとうございました。
次回、第2期の募集開始は、11月1日の午前零時を予定しております。

以下の内容は、令和4年度 第1期 募集要領の概要です。

 ~地域防災の担い手となるリーダーをめざしましょう!~

令和4年8月6日に兵庫県広域防災センター(三木市)の防災研修用宿泊施設の利用が開始致します。これにより新たに宿泊型で実践的な研修や地域で実践を行う担い手がお互いに知り合うことができる新しい研修プログラムを取り入れるなど、ひょうご防災リーダー講座を平成16年開講以来、大幅な手直しを行い、防災に関する知識・技術を習得、地域での普及啓発や防災訓練等への参画・支援ができる方を養成するために策定した研修宿泊型カリキュラムによる研修を実施致します。
近年、毎年のように豪雨、台風による浸水、土砂災害による被害が発生しています。また、地震も頻発しております。特に南海トラフ地震、首都直下地震、また日本海溝、千島海溝沿いの地震の発生も懸念されるところです。さらに、新型コロナウイルス感染症禍での避難所運営も懸念されるところです。
こうしたことを踏まえ、今後、発生が懸念される南海トラフ巨大地震をはじめとした様々な自然災害や原発事故等の大規模事故、また、市民レベルで考えなければならない感染症対策にも焦点を当て、人命の安全を第一に考え、行政はもとより県民一人ひとりの防災への取り組みをより一層促進させる必要があります。
このような観点から、地域防災の担い手である自主防災組織等のリーダーの育成を目的とした「令和4年度ひょうご防災リーダー講座」を10月上旬から約3ヶ月間にわたり、1泊2日の宿泊型研修を計3回6日間開講します。

(1)日程 令和4年10月1日、2日(1回目)、11月26日、27日(2回目)、12月10日、11日(3回目)の6日間
(2)会場 兵庫県広域防災センター内の管理棟、日赤災害支援センター、宿泊施設 他 
(3)受講対象 現在、自主防災組織で活躍されている方や、今後、自らの地域で積極的に地域防災の担い手として活動しようとされる方で、兵庫県内在住、在勤、在学(高校生以上)の方
※過去に防災リーダー講座を修了し、既に「ひょうご防災リーダー」の称号が授与された方は応募することができません。
(4)募集人員 50名
※宿泊可能が研修を受講する条件になります。
※なお、同講座につきましては、1月、2月、3月に同様の講座を開講する予定です。

(研修中は、コロナ感染症対策のため、常時マスク着用、手指消毒に努め、検温等は適宜実施致します。研修当日及び研修期間中に発熱等体調不良の方については受講をご遠慮願います。)
(5)申込期間 令和4年8月8日(月)~定員に達し次第終了
(6)受講料 無料(教材等の一部実費負担あり)
(7)宿泊料 有料(宿泊費、食事代、懇親会費)※宿泊及び宿泊施設に関してはこちら
(8)修了要件 ○全ての講義に宿泊して参加できる方
○21講目の補完レポートを完成のうえ、12月10日には必ず提出すること
○普通救命講習修了(事前に終了するか、講座受講期間中に消防本部等で受講・修了すること)
(9)講座修了後は・・・ 知事名の修了証と「ひょうご防災リーダー」の称号が授与され、地域防災の担い手として活動していただきます。
さらに、日本防災士機構が認定する防災士の受験資格が付与されます。また、居住地(又は勤務地)の県民局、市町に修了者名簿を送付し、活動機会を提供します。
(10)申込方法 ・広域防災センターホームページ(http://www.fire-ac-hyogo.jp/)
「令和和4年度ひょうご防災リーダー講座参加申込」ページからお申し込み下さい。
・FAXでの申し込みは受付けません。
(11)問い合わせ先 〒673-0516 三木市志染町御坂1-19
兵庫県広域防災センター 防災教育担当 田中 電話:0794-87-2928

過去の講座の様子

  • 講義
  • ワークショップ
  • ワークショップ
  • 救命講習
  • 放水体験
  • 煙避難体験

過去の講座内容Application

受講者・修了者数Number of Participants

フォローアップ研修Follow-up Program

 兵庫県では、地域防災の担い手育成のため、平成16年度から「ひょうご防災リーダー講座」を実施し、3,000名(令和元年度末現在)を超える方々に受講いただいています。

 一方、ひょうご防災リーダーとして地域において活躍いただくためには、最近の災害から得られた教訓や新たな知見・技術等を、定期的に習得いただく必要があります。

 そこで、ひょうご防災リーダーの地域における継続的な活動を支援するため、「フォローアップ研修」を実施しますので、奮ってご参加ください。

Page TOP